脱毛

ヒートカッターがおすすめ!アンダーヘアのお悩み解消アイテム

投稿日:2017年7月28日 更新日:

ハサミでアンダーヘアの自己処理している人も多いかもしれませんが、アンダーヘアの処理にはヒートカッターがおすすめです。熱で毛を焼き切るので、先端が尖らずチクチクしにくいのが最大のメリット。ハサミで切るよりも自然に、きれいに仕上がります。

 

ヒートカッターのおすすめな特徴

ヒートカッターはアンダーヘアの長さを整えるためのアイテムです。形は、太めのペンや電動歯ブラシのような形をしていて、先端がコーム(くし)型になっています。先端部分に熱線が通っていて、この部分の熱で毛を焼き切ります。

 

ヒートカッターのメリット

 

・やさしくきれいな仕上がり

アンダーヘアを熱で焼き切るので、先端が尖らずチクチクしにくいです。ハサミやシェーバーで処理した時よりも、ふわっとかわいい印象に仕上げることができます。

・肌への負担が少ない

毛抜きやシェーバーと比べて肌への負担が少ないのが特徴です。火傷をしないよう安全に設計されているので、正しく使えば安心です。

・コスパがいい

相場は1,700円~5,500円程度で、学生でも手軽に買うことができます。だいたい1~2年くらい使用できるのでコスパが良いです。

 

ヒートカッターのデメリット

 

・短い毛(だいたい7mm程度以下)には使えない

ヒートカッターはアンダーヘアの長さを整えるものなので、根元から焼き切ることはできません。根元から脱毛してつるつるにしたい方には、脱毛サロンや家庭用脱毛器がおすすめです。

・処理時に焦げ臭いにおいがする

アンダーヘアを焼き切る時に、焦げ臭いような独特のにおいがします。しっかりと換気をしながら処理を行ってください。

・処理に時間がかかる

だいたい5~10本ずつのペースで焼き切っていくので、完了までに時間がかかります。ヒートカッターの中には30本程度まとめて切ることができるパワフルなものもあります。

 

ヒートカッターのおすすめはコレ!

人気があって使いやすいヒートカッターを紹介します。ヒートカッターは薬局などで市販されていることは少なく、ドンキホーテや大手家電量販で取り扱っていることがある程度です。店員と顔を合わせずに購入できる通信販売での購入がおすすめです。

 

おすすめヒートカッター?V・I・Oラインって何?という方へ

アンダーヘアを処理する前に知っておきたい用語について解説します。アンダーヘアは3つの部分に分けることができ、それぞれに名前がつけられています。

・Vライン

いわゆるビキニラインのこと。正面から見た時のアンダーヘア全体を指します。自分でも処理がしやすい部分です。

・Iライン

太ももの付け根、陰部の両側のこと。自己処理がしにくい部分ですが、不可能ではありません。清潔にしておかないとかゆみやにおいの原因となりやすい部分になります。

・Oライン

おしりの奥、肛門のまわりのこと。自分の目で見ることができず、自己処理がほぼ不可能な部分です。脱毛サロンなどでVライン、Iラインのついでに処理してもらうのがいいでしょう。

 

ヒートカッターのおすすめ4選

 

・アンダーヘアケアはじめてセット(LC)

「Vライントリマー」とアンダーヘア用のトリートメント「シナヤカウォッシュ」のセットです。「シナヤカウォッシュ」はごわごわだったアンダーヘアがふわふわになると評判です。お値段は5,524円(税抜)。LCからは他にIラインシェーバーも出ています。もちろん「Vライントリマー」や「シナヤカウォッシュ」の単品購入も可能です。中身が分からないような梱包・差出人名・商品名で送ってくれるので安心です。

・ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー

Amazon脱毛器売れ筋第1位。スタンダードなヒートカッターです。長さ揃え用アタッチメントコーム付で4,115円(税込)ですが、Amazonなら2000円代で購入できます。ピンク・オレンジ・グリーン・ホワイト・ラズベリーの色があり、色によって数百円程度値段が異なるようです。ラヴィアには他に、剛毛の方におすすめの「Vライントリマー フローラ」があります。こちらは充電式になり、30本程度まとめて切ることができます。

・Vラインヒートカッター ルパ

おしゃれでかわいいペンのような見た目のヒートカッター。色はカモフラージュ・ストライプ・ゼブラ・チェック・ヒョウ柄・ブラック・ホワイト・ボタニカル・レオパードハートと様々。LEDライト内蔵で、細かい部分や暗い所でも明るく見えます。専用ポーチと専用掃除ブラシがついて、Amazonなら1,780円(税込)程度で購入できます。

・シルキーケア ピンク

ボタンの長押しで発熱するタイプのヒートカッターです。参考価格は4,104円(税込)ですが、Amazonなら2,000円代で購入できます。切れ味や耐久性の評判もなかなか良いようです。

 

ヒートカッターおすすめの正しい使い方

ヒートカッターによって使い方が異なりますので、説明書を読んでから正しく使いましょう。

 

ヒートカッターの使い方とコツ

 

手順1:アンダーヘアをコーム(くし)で整える

処理を始める前に、手やコームでアンダーヘアを整えます。

 

手順2:完成形の形と長さを決める

男女ともに人気が高いのは逆三角形(トライアングル)形やたまご(オーバル)型のようです。短くしすぎるとチクチクしたり下着や水着を突き抜けたりしてしまうことがあります。1cm~2cmくらいの長さにするのがよいでしょう。

 

手順3:少量(5~10本程度)ずつカットする

毛先を持って痛くない程度に引っ張ってまっすぐに伸ばすのがうまく切るコツです。Iラインを処理する場合は、床に置いた鏡を見ながら処理するのがおすすめです。

 

ヒートカッター利用時の注意点

 

 

ヒートカッター利用時は以下の点に注意してください。

 

・毛が濡れている状態で処理しない

毛が乾いていないとうまくきれないし、ヒートカッターの故障の原因にもなります。

・湿気が多いところで使わない

湿気もヒートカッターの故障の原因となります。入浴中の浴室などでの使用はNGです。

・ヒートカッターと肌との距離を一定以上に保つ

肌に近づけすぎると火傷の危険性がありますので、気を付けましょう。説明書に「肌から〇mm以上離してカットすること」といった注意書きがあるはずなので、きちんと確認するようにしてください。

 

ヒートカッター以外のアンダーヘア処理方法

 

 

アンダーヘアの処理方法には、ヒートカッター以外にも以下のものがあります。中には間違った方法もありますので、正しい方法で処理するようにしてください。

・永久脱毛

ヒートカッターはアンダーヘアの長さを整えるものなので、根元から脱毛してツルツルにすることはできません。また、定期的に自己処理をするのが面倒という方にも脱毛サロンでの永久脱毛がおすすめです。完全に脱毛できるまで1年以上サロンに通い続ける必要がありますが、その後は面倒なお手入れが一切不要になります。

・家庭用脱毛器

脱毛サロンに行くのは抵抗があるという人におすすめなのは家庭用脱毛器です。最近では脱毛器の性能もかなり向上していて、エステ並みの脱毛ができるものもあるようです。価格は3万円~10万円となかなかのお値段ですが、いつでも自宅で好きな時に使えるのが魅力です。

 

 

・【NG】線香で焼く

焼けば毛先が丸くなってチクチクしないからと、線香で処理する人もいるようです。ですが、火傷や火事の危険性がありますのでNGです。

・【NG】毛抜きで抜く

痛みを我慢して毛抜きで1本ずつ抜いて処理している人もいると思います。でも埋没毛(皮膚の中に毛が埋もれた状態)や毛嚢炎(ニキビのようなブツブツができたりする炎症)のリスクがあり、肌へのダメージが強いので、この方法もNGです。

 

ヒートカッターは女性のおすすめアイテム

アンダーヘアを処理することでデリケートな部分の清潔が保たれますし、男性ウケもいいようです。女性のみだしなみの一つとして、こまめに処理したいですね。

 

-脱毛

Copyright© 綺麗になれる秘密 , 2018 AllRights Reserved.