美容

レチノールクリームでシワ・シミ・たるみを改善!

投稿日:2017年7月31日 更新日:

 

歳を重ねるにつれてシワやシミ、たるみなどが気になってきますよね。話題のレチノールクリームでエイジングケア始めませんか。レチノールクリームの効果と副作用、使用時の注意点について解説します。

 

レチノールクリーム(レチノイン酸)の効果

レチノールとは人や動物の体内にあるビタミンAの一種です。身体の中にあるレチノールはレチナール→レチノイン酸と変化し肌の代謝を促す役割を担っています。具体的には次の効果があると言われています。

 

肌のターンオーバーを促進

ターンオーバーとは新陳代謝、肌の生まれ変わりのこと。皮膚は深い部分から順に皮下組織、真皮、表皮という構成になっていて、この中の表皮の部分でターンオーバーが行われています。細胞分裂によって新しくできた細胞が上に押し上げられていき、古い角質細胞はアカとなって剥がれ、新しい肌に生まれ変わります。このサイクルのことをターンオーバーと言います。ターンオーバーの周期には個人差があり、加齢と共に遅くなる傾向があります。年をとるとシミやくすみが目立つように感じるのはこのためです。遅くなったターンオーバーの正常化を促すことで、シミ・そばかす・ニキビなどの肌トラブルが解消につながります。

 

コラーゲンの生成をサポート

肌の真皮にある(せんいがさいぼう)でコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが生成されています。これらは肌のハリや弾力、うるおいの元となっています。加齢によって繊維芽細胞の数が減り、働きが衰えることで、シワやたるみができてしまうのです。レチノールにはこの繊維芽細胞を活性化させる働きがあります。若いうちからレチノール配合の化粧品でケアを行うことで老化スピードを遅らせることができますし、加齢が進んでしまった人には若返り効果が期待できます。一旦できてしまったシワをなくすことは難しいですが、肌のハリやツヤがアップすることで、シワが目立たなくなります。

 

レチノールクリーム(レチノイン酸)副作用と注意点

 

上記の効果は、レチノイン酸の持つ効果であり、レチノールの場合はその効果が薄いとされています。レチノイン酸は強い効果を持つ反面、副作用も強く専門家でないと取り扱いが難しいため化粧品に配合することは禁止されています。レチノイン酸は「トレチノイン」という処方薬(医療用医薬品)になっていて、医師の処方がないと使うことができません。レチノイン酸に比べれば、レチノールは副作用が少ないですが、それでも副作用(皮が剥ける・赤くなる・ヒリヒリする・腫れなど)がおきる可能性がありますので、次のことに注意してください。

 

使用前にパッチテストを

今まで化粧品を使う前にパッチテストをしたことはないけど、肌トラブルが起きたことはないから大丈夫と考えている人もいるかもしれません。しかし、レチノールは肌刺激が強い成分なので、使用前に必ずパッチテストを行ってください。二の腕やデコルテなどにつけて24時間以上様子を見ます。かゆみが出ないか、ヒリヒリとした感じや皮膚に赤みが出ていないかなどを確認しましょう。パッチテストでは問題が無くても、顔に使用した際に問題が発生することもあります。初めはレチノールの濃度が低いものを2~3日に一度くらいの頻度で少量ずつ使うようにするといいでしょう。特に肌トラブルが発生しないようであれば、規定の使用量まで増やしていきましょう。肌に異常を感じたら皮膚科を受診しましょう。

 

使い始めは、高濃度のものは避ける

初めて使う場合は高濃度配合のものは避け、濃度の低いものや肌にやさしいものから試すようにしましょう。

 

肌な敏感な時は使用を控える

季節の変わり目や生理前など肌の状態が敏感になっている時期は使用を控えたり、使用量や頻度を減らしたりなど肌への負担が少なくなるよう工夫してください。

 

妊娠中は使用を控える

妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると奇形の赤ちゃんが生まれるという論文が発表されています。これは食品による摂取なので、レチノールクリームの使用とは条件が異なりますが、念のため妊娠中の人は使用を控えた方が良いでしょう。

 

しっかり紫外線対策を

レチノールクリーム使用中は、一時的に肌が紫外線などの刺激に弱い状態になっています。日焼け止めを塗るなどのUV対策をしっかり行ってください。また、レチノールは紫外線にあたると効果が弱まってしまうので、夜のお手入れに使うと効果的です。昼に使用する場合は、しっかり紫外線対策を行いましょう。

 

肌トラブルがなければ1ヶ月は使い続ける

化粧品は次のターンオーバーが起きるまで使用することでその効果が分かります。肌のターンオーバーや28~45日と言われていますので、その期間は継続して使用し、効果を確かめましょう。

 

保湿成分が配合されているものを選ぶ

ターンオーバーが進むと角質が剥がれ落ち、一時的に肌が乾燥しやすい状態になります。保湿クリームなら、セラミドに加え、スクワランやシアバターなどの保湿成分が一緒に配合しているものがおすすめです。

 

人気のレチノールクリーム

レチノールは油に溶けやすい性質があるので、化粧水よりもクリームや美容液として使うのがおすすめです。中でもクリームの種類が多いので、ここではおすすめのレチノールクリームを紹介します。

 

ビタミンワールド Retinol Cream

ビタミンワールドはアメリカのサプリメント専門店です。こちらのレチノールクリームは国内では買うことができず、ハワイやグアムなどに行った際のお土産としても人気です。国内では認可が下りないほど高濃度のレチノールを配合していて、さらに価格が安いことが人気の秘密です。一日一回夜に少量をシワやシミ、たるみの気になる部分に塗ってください。伸びが良く、やわらかめのつけ心地です。ちょっと独特な匂いがありますが、塗った後は気にならないので安心してください。

 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS

(販売名:資生堂 レチノバイタル クリームV)

2017年6月21日に発売された純粋レチノールを配合した医薬部外品のリンクルクリームです。朝と夜のお手入れの最後にパール粒1つ分を目や口のまわりなどシワが気になる部分になじませます。日本香粧品学会がガイドラインでシワグレードというものを定めているのですが、シワグレード3~5(明瞭な浅いシワと深いシワが混在する状態)まで改善効果が認められている画期的な商品です。モニター試験では、改善効果を感じるまでの期間は9週間という結果が出ています。これはリンクルクリームの中では即効性があると言えます。価格は6,264円。

 

Kirarie(キラリエ) アイクリーム3

パルミチン酸レチノールより高価で価値が高いと言われる生レチノールをたっぷりと配合。キラリエのアイクリームは、アイクリーム→アイクリーム2→アイクリーム3とバージョンアップし、その都度口コミ評価が高くなっています。通常価格は2,980円ですが、初回は1,980円、定期コースなら1,788で購入できます。リーズナブルな価格なので、特に若い年代の方のシワ予防などにおすすめです。

 

レチノールクリームでエイジングケア

 

レチノールクリームは高い効果が期待できる反面、副作用の危険もあります。早く効果を出したいからといって、多めに塗ったりするのはNGです。用法・用量をしっかり守って、初めての場合は特に慎重に使うようにしてください。レチノールクリームでシワ・シミ・たるみのない美しい肌を目指しましょう。

-美容

Copyright© 綺麗になれる秘密 , 2018 AllRights Reserved.