スキンケア 美容

さよならニキビ跡!リプロスキンが持つ効果を徹底検証!

投稿日:

 

キビは放置してしまうと赤みや色素沈着などの跡が残ってしまい、肌が汚く見えてしまう不快なもの。ニキビ跡のケアに良いと今、話題の商品がリプロスキンです。リプロスキンは、導入型の柔軟化粧水で、肌を柔らかくしてニキビ跡を目立たなくすることで高評価を得ています。ここでは、リプロスキンが持つ効果を検証していきます。

効果抜群!ニキビケアにはリプロスキン

大人になるにつれて、肌のターンオーバーはどんどんと衰え、繰り返しできてしまうニキビの跡がだんだん消えなくなってきたという方も少なくないのではないでしょうか。昨今、ニキビに悩む人は多く、ニキビケアのための製品はたくさん販売されていますが、そのどれもが刺激がきつかったり、効果が実感できなかったりと納得して使用できないものが多いようです。

リプロスキンは、ニキビケア化粧品として販売されていますが、国から医薬部外品として認定されている化粧品。そのため、低刺激で、ニキビ跡にも効果的だと大変評判を得ています。

2016年に日本アクネケア化粧品研究所が行った調査では、ニキビ跡に悩む人でリプロスキンを使用したことのあると答えた人数がなんと第一位で、その効果の実感度合いも第一位となっています。また、それだけではなく、使用感や浸透力、柔軟感すべてにおいて第一位を獲得しており、効果や使いやすさ共に評判の良いニキビケア化粧品であるといえるのです。

研究によって改良を重ねてきたリプロスキン

リプロスキンは、ニキビケアに対する研究を重ねて、その結果を商品へと反映させています。そのため、今まで2回の製品リニューアルを行っています。パッケージはもちろんのこと、配合成分もニキビケアに最適な成分をたっぷりと配合しているのです。

最新のリニューアルは2014年で、配合成分の数が増え、効果も今まで以上になったと謳われています。

リプロスキンの効果の秘密とは?

リプロスキンが高い評価を得ている理由は、その配合成分はもちろんですが、実はその製法にも秘密がありました。ここでは、リプロスキンの効果の秘密を紹介します。

 

 

ニキビ跡の改善方法とは?

ここでは、ニキビ跡がなぜできてしまい、どのようにすると改善されるのかをお伝えします。

ニキビ跡には、大きく分けて3種類あります。1つ目が肌がデコボコになってしまうクレーター、2つ目が赤みニキビ跡、そして3つ目が色素沈着ニキビ跡です。これら3つは、ニキビ跡になってしまうプロセスが異なります。

1つ目のクレーターは、ニキビ跡としては最も厄介で治りにくいものとされています。これは、肌の奥の真皮層にまでダメージが広がっていることから、再生が難しくなっているからです。クレーターは炎症が長引くことによって引き起こされます。また、体質や肌質によっても跡になりやすい場合があります。

次に、赤みニキビ跡は、ニキビが炎症することによって引き起こされてしまいます。赤みニキビ跡を防ぐためには、ニキビの段階で炎症をいかに防ぐかが重要なカギとなります。

最後に色素沈着ニキビ跡です。これは、ニキビによって刺激された肌が、メラニン色素の生成を促すメラノサイトを活発化してしまうことによって引き起こされます。メラニン自体は肌にとって必要なものですが、過剰に生成されてしまうことで表皮に残ってしまい、色素沈着につながります。

赤みと色素沈着は表皮に残ったダメージのため、早めに処置をすることが重要です。炎症を抑えたり、ターンオーバーを促進したりすることによって、肌をキレイにできるのです。

これらの肌はどれもゴワゴワと硬くなっているのが特徴です。そこで、リプロスキンは、肌の柔軟性を育てるという点に着目し、開発されました。

 

導入型柔軟化粧水とは?

リプロスキンが着目した柔軟性のある肌とは、保湿力に優れていて、弾力のあるいわゆる健康的な肌のことを指します。肌が柔らかいと、肌に塗布した成分が浸透されやすくなるためです。リプロスキンには、ターンオーバーを促進する成分が配合されており、肌の再生力を高めてくれるのです。

リプロスキンは化粧水ですが、「導入型柔軟化粧水」と呼ばれています。通常の化粧水と同様に洗顔後に肌に塗布します。リプロスキンには、ナノBテクノロジー3.0という浸透力を向上させるための独自技術を使用しており、配合成分が肌の奥深くまでしっかりと入っていきます。このように分子の大きな成分をナノ化レベルまで縮小する技術をナノ乳化といいます。

通常の成分は、分子が大きく肌の奥深くまで浸透せず、せっかく良い働きを持っている成分だとしても奥まで届くことがありません。そのため、浸透させるための技術をしっかりと使用しているかどうかは、化粧品選びの重要なポイントといえます。

また、肌の表面は油溶性のため、肌にすんなりと導入できるようにブースター技術も取り入れています。これら二つの技術が、導入型柔軟化粧水と言われる所以です。

 

ニキビに対して働く有効成分とは?

リプロスキンには、ニキビに対して働く有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウムと、美白に効果的なプラセンタエキスが配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビの炎症ケアでよく用いられており、漢方でも使用される甘草の根に含まれている成分です。喉や口内炎などの抗炎症剤としても使用されていますが、赤ニキビの治療に対しては優れた効果を発揮します。

また、プラセンタエキスは、ほ乳類の胎盤から採取したエキスのことで、女性の美容に非常に優れた効果を発揮するとして、今話題になっている成分です。ホルモンバランスの調整を行うことで、お肌の状態を安定させるように導くと言われています。

プラセンタエキスには、コラーゲンの素となるアミノ酸を豊富に含んでいることから、ターンオーバーを促進する働きがあります。また、真皮層を構成しているコラーゲンの素を補給することで、クレーターのように真皮層へのダメージにも対応する力があるとされています。また、ニキビの原因とされているアクネ菌に抵抗し、炎症を抑える働きも持つことから、ニキビ跡に対しては効果的だといわれているのです。プラセンタエキスはこれだけではなく、メラニン色素を生成する酵素の働きを阻害することもわかっており、色素沈着を抑える働きもあるといわれています。

 

肌を健康に保つ美容成分もたっぷり配合

リプロスキンには、ニキビ跡に効果的な成分だけでなく、肌を健康に保つ美容成分もたっぷりと配合されています。

柔軟性のある肌に欠かすことのできない保湿成分として配合されているホメオシールドは、保湿だけでなく細胞の再生力も高める働きを持ちます。また、真皮層に必要とされる低分子コラーゲンや低分子ヒアルロン酸、アンチエイジングに効果的な酵母エキスも配合されています。リプロスキンには、その他にも女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや抗炎症作用を持つゼニアオイエキス、細胞修復に役立つアロエエキスなども配合されており、肌の健康状態を保つ成分をしっかりと補うことができるのです。

リプロスキンの効果を口コミから検証

ここまでで、リプロスキンの効果の仕組みはご理解いただけたかと思います。ここからは、実際の使用者の口コミから、その効果を検証します。

 

ポジティブな口コミの傾向

ポジティブな口コミの傾向としては、「リプロスキンを使用していると肌が柔らかくなり、手触りが変わってきた!」「肌のくすみがとれて、ワントーン明るくなってきた」「赤いニキビ跡が薄くなり、コンシーラーで隠す必要がなくなった」など多くの喜びの声が見受けられました。特に、赤いニキビ跡と色素沈着に対する効果は非常に高いことが口コミからわかりました。

使用感に関しては、「香りが良いので使いやすい」「しっかりと浸透していく感じがする」「べたつかないのにしっかりと潤う」といった声が多く見られました。

 

ネガティブな口コミの傾向

ネガティブな口コミの傾向としては、「自分の肌に合わず、逆に肌が荒れてしまった」「クレーターには効果がなかった」「1ヶ月使ってみたけれど、変化が見られなかった」という声がありました。

肌に合わないという点については、どの化粧品でも個人差があるため仕方のないことと言えます。リプロスキンは無添加処方なので、肌にとって優しい成分ばかりを配合しているので、敏感肌の方でも安心して使用いただくことができる商品設計となっていますが、肌に合うか不安な方は、60日間の返金保証がついているため、まずはチェックしてみるのも良いでしょう。

リプロスキンはあくまで化粧品のため効果が実感できる期間には個人差があります。肌のターンオーバーは1~3ヶ月と言われているため、短期で効果を得ようと思わず、最低でも3ヶ月は使用するのがおすすめです。実際の使用者の中では、3ヶ月くらいでニキビ跡に対する効果を実感された方が多くいることもわかっています。

最後に

リプロスキンは、ニキビ跡に働きかける成分だけでなく、美肌に欠かすことのできない成分もたっぷりと配合した導入型柔軟化粧水です。独自の技術で肌の奥深くまで有効成分をしっかりと届けることで効果を発揮しています。ニキビ跡に長年悩まされている方は、ぜひリプロスキンでニキビ跡ケアをして、美肌を手に入れてくださいね。

-スキンケア, 美容

Copyright© 綺麗になれる秘密 , 2018 AllRights Reserved.