スキンケア 美容

ディセンシアが叶える敏感肌の美白「サエル」

投稿日:2018年1月25日 更新日:

どんな肌質であっても基本的にお肌に刺激を与えたくないのは誰もが同じだけど、守りばかりのスキンケアだと悩みが増える一方ではないですか?

でも、敏感肌や乾燥肌だとどれでも使えるというわけではないからアイテムを選ぶのはすごく手間取りますよね。そこで、今回ご紹介するのは敏感肌専門ブランドのディセンシアが開発したサエルという美白コスメについて深く掘り下げてみたいと思います。

ディセンシアが明かすサエルの開発秘話

ディセンシアとはポーラ・オルビスグループの傘下にあり、近年急増している敏感肌や乾燥肌を専門的に分析し商品開発を行っている会社。

敏感肌はどこまでも美しくなれるというキャッチコピーを掲げ、揺らぎやすい肌の原因を様々な角度からサポートし続けています。

もちろん、サエルの美白化粧品もディセンシアとポーラの共同研究によって生み出されたもので、通販限定の取り扱いしかないにもかかわらず、多くのメディアで紹介されリピート率は94%の高い評価があります。

 

サエルのラインナップ

冴えわたるような美しい白さ、透明感をもたらす願いを込めた名称からなるサエルには、3ステップで総合的にスキンケアできるようになっています。

最初はホワイトニングローションクリアリスト

敏感に揺らぐ肌はセラミド不足なことがあるため、たっぷりと補いさらに一瞬で浸透して細胞レベルで満たされる肌に整えます。

次はホワイトニングエッセンスクリアリスト

健やかな肌を育むためのエッセンスで、敏感肌特有のクスミに特化した青赤黄の3原色に完全対応。

人それぞれの微妙なクスミ加減をくもりのない透明感ある肌へと導きます。

最後はホワイトニングクリームクリアリスト

お肌の修復や回復をより高めサポートする役割がこちらのクリームで、有効成分を丸ごと浸透させて密閉するから頼もしい保湿力。

一度使えばお肌に元気が取り戻せるとAneCanベストコスメ大賞で2位に選ばれたほどの逸材がこちら。

さらに、スキンケア以外でCCクリームが発売され、こちらもベストコスメ大賞1位に輝く実力あるアイテムとなりました。

ダイレクトに肌に使うだけでシミやクスミの3原色対応するからお肌が明るく負担も少ないことで高く評価されているアイテムです。

ディセンシアのサエルの美白はここが違う!

当然サエルでもこだわりの厳選成分が配合しているのはもちろんですが、肌への浸透方法までこだわりの工夫がされています。

2006年に特許技術を取得

美肌の基本はキメが整うことがとても重要なのですが、これが乱れていると細胞同士が整列することなく、容易に外部からの刺激が通過し大きなダメージとなります。

特に紫外線や空気中の汚れ、普段は何ともなくても化粧品に含まれるあらゆる添加物が侵入しては炎症や痒み、時には発疹など症状として反応が出ることも。

そして、侵入してきた異物を察知すると肌は必死に守ろうとメラノサイトからメラニンを発生させるため、正常なターンオーバーがあれば排出されてなかったことにできますが、敏感肌や乾燥肌であるほどにサイクルが乱れシミやそばかすの色素沈着を起こす可能性が非常に高くなります。

そこで、ディセンシアが2006年に特許を取ったヴェイタサイクルヴェールにより、壊れたバリア機能を補正させながら発生したメラニンのケアができるようになりました。

おかげで、紫外線、空気中の汚染物質、花粉、乾燥などあらゆる外的ダメージから肌が守られ、内部ではセラミドの働きにより保水力を飛躍的にアップさせることに成功。

だから、敏感肌でもダメージを気にせず美白ケアができるようになったわけですね。

 

本物の美白力はビタミンC誘導体にあり!

肌を白くしたいと思ったら、とりあえずビタミンCを取ろうとフルーツを食べる人も多いはず。ですが、食べると肌に直接塗るとでは効果が全く違うのはご存知でしょうか?

例えば、レモンパックなど食材を直接肌につけるのは逆にシミを増やすことで知られていますよね。

通常のビタミンCは確かにメラニンを生成する元となるチロシナーゼ酵素の働きを抑える働きがありますが、空気に触れると酵素の働きが崩れるため肌に塗ったところで全く役に立たないことが判明しています。

それだったら、普通に栄養として口から食べた方が何かしらの効果に期待ができるというもの。

そこで、これを有効利用するために必要なのがビタミンC誘導体!

分子を細かくすることで角質層にしっかり届き、メラニン色素を薄めると同時に皮脂分泌をコントロールすることから毛穴トラブルにも有効とされています。

また、これ以外にもメラニン生成を抑制する効果的な美容成分を独自配合!

1ポーラ研究所のオリジナル成分であるエスクレシドとは、セイヨウトチノキから抽出した自然由来のシミを抑える成分。

2美白有効成分であるアルブチンをエスクレシドと一緒に配合することで、相乗効果により美白力を高めます。

3美肌成分でありながらメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑えメラニンの黒色化を防ぐ大事な役割を担うデイリリー花発酵液。

これら3つの独自配合により美白力が構成されているわけですね。

 

守りは保湿に勝るものなし

どんな肌質であれ保湿を怠れば何らかのダメージが蓄積されていくので、敏感肌ならなおさらお肌の乾燥は大敵になります。

しかも、美白を考える上で保湿は重要なカギになっているので、サエルに配合されている人型セラミドは重要な役割をしています。

 

余計なものは加えない無添加仕上げ

浸透を高めるアルコールや香料、紫外線吸収剤などは一切配合せず、さらに皮膚科医監修の元、アレルギーテストやモニターテストが実施されたのでお手頃価格のコスメよりはるかに安心して使用することができますよ。

 

ディセンシアのサエル 実際の使用感は?

大手企業の傘下だけあって、一度使ったら手放せないリピーター率の高い美白コスメというわけで、確かに低刺激には定評があるようでした。

『敏感肌で美白コスメが使えるなんて奇跡で嬉しい!』
『連続して毎日使ってもヒリヒリを感じないから安心』
『美白コスメは保湿力が低いイメージだったけど、他社と比べて圧倒的にしっとり感があるので満足』
『ライン使いしてみたら保湿重視のスキンケアみたいにお肌がモチモチで化粧ノリまでアップ』
『全体的にサラリとしたテクスチャーでほのかなローズの香りが心地良く使える』
『年齢肌で諦めていたのにたった3つのシンプルケアで保湿と美白ができて助かる』
『化粧水が1カ月以上たっぷり使えるので意外とコスパが良く、浸透が良いからライン使いしても肌が快適に保たれる』
『定期購入でリピートするとお得に買えて切らす心配がない』

 

ディセンシアのサエルまとめ

肌のバリア機能を守りながら美白ケアを可能にしたディセンシア開発のサエルシリーズはいかがだったでしょうか?

敏感な肌でも美白が使える理由を何となくでも伝わっていたらとても嬉しく思います。

本当に安心してスキンケアできるメーカーはコスメ業界溢れる今の時代とっても貴重なので、どうしようか迷っている人にはまず10日間使えるトライアルキットがおススメ。

強い美白コスメで炎症してしまう肌や、紫外線をたくさん浴びる夏の季節などに保湿とバリアの膜で本来のバリア機能を守り、しっかり有効成分を届けて美白力を育んでいくのがサエルのスキンケアシリーズです。

-スキンケア, 美容

Copyright© 綺麗になれる秘密 , 2018 AllRights Reserved.